衣類の頑固な汚れを自力で落としてクリーニング代を節約!

投稿日:

衣類に頑固な汚れがついてしまい、家庭ではお手上げ。どうしようもないので、クリーニング屋に出した経験ってありますよね。

特に、子どもはこちらの想定外の汚れをつけて帰ってくるので、汚れを完全回避することは不可能です。しかも、子どもがつけてくる汚れって泥とかだから家庭で落とす汚れとしては難易度高めなんですよね。

大人の場合も、極力汚さないようには気をつけてしますが、醤油差しが倒れたり、鼻血がいきなり出てきてついたりなど不慮の事故で汚れることがあります。

今回はそんな頑固な汚れを自力で落としちゃおうっていう話です。知識を得ることでクリーニング代が浮き、ちょっとした節約が出来るかもしれませんよ。

日常生活でついてしまう頑固な汚れ

日常生活でついてしまう頑固な汚れは、改めて考えてみるとそこまで多くありません。

調理中にはねたものやマヨネーズをこぼしたときの油汚れ、子どもが汚して帰ってきたときや雨の日に車が通ったときにはねる泥汚れ、醤油やソース、コーヒーなどの食品の汚れ、鼻血や切り傷でついてしまった血の汚れなどです。

汚れ方や食品などが多少変わることもありますが、大きく分けると4つですね。正確には、油汚れは油溶性のシミ、食品と血は水溶性のシミ、泥汚れは不溶性のシミの3つ。でも、血は他の水溶性とちょっと違うので今回は分けています。

それでは、油汚れから自力で落としていきましょう。

油汚れを自力で落とす方法

どんな汚れもそうですが、汚してしまったときに素早く落とすのが最も落としやすいです。油がはねてしまったり、マヨネーズやグラタンなどをこぼしてしまったりしたときは、ティッシュやハンカチで素早く拭き取ってください。

表面の物体がなくなったら、ティッシュやハンカチに石鹸水をつけ、軽く叩きましょう。このとき、シミの中心からではなく、周りから中心に向かってやることで広がるのを防げます

その後、水で洗い流し、汚れが目立たなくなっていれば、他の洗濯物と一緒に洗うだけでOK。

もし、まだ汚れが目立つようだったら1度ぬるま湯につけて油汚れを浮かし、シミの部分に台所用洗剤を垂らして歯ブラシでシャッシャッと軽くこすりましょう。ゴシゴシと強くこするのではなく、軽くこるるのがポイントです。

この後は軽い汚れのときと一緒で、水で洗い流し、汚れが消えていればOK。

これでも消えない頑固な油汚れはクレンジングオイルで落としましょう。

落としたい汚れの下にタオルを敷き、クレンジオイルを垂らします。下のタオルに汚れを移すイメージで、上から歯ブラシでトントンと叩きましょう。

汚れが移った後はぬるま湯で揉み洗いし、あとで洗濯するといいです。

ちなみに、「重曹ペースト」を作って落とす方法もありますよ。

食品の汚れを自力で落とす方法

食品の汚れ(水溶性)のシミも軽い場合は油汚れと一緒の落とし方をするといいでしょう。汚れの素を素早く拭き取って、台所用洗剤で歯ブラシトントン。

ただし、しつこい汚れが出てきたときは油性ではないので、クレンジングオイルは使いません。重曹と液体漂白剤、台所用洗剤を混ぜ合わせたものを使います。

これでピンときた方もいらっしゃるかもしれませんが、テレビ東京の「コレ天」でクリーニングの神様が使っていた「魔法水」です。公式動画が公開されていたので、これを参考にするといいでしょう。

厄介な食品汚れのカレーやジャムもこれで消せる可能性がありますが、この2つは本当にしつこい汚れなので出来るだけこぼさないようにしたほうがいいでしょう。こぼれてもいい服に着替えてから食べたほうがいいくらい落ちにくいです。

泥汚れを自力で落とす方法

泥汚れは素早く水やお湯で洗いがちですが、それはNG。子どもが汚した場合もそのまま帰ってくるように言い聞かせておいたほうがいいです。怒られると思って子どもが水で洗い、それで落ちにくくなるパターンはよくあります。

水で濡らすのではなく、表面の泥や砂は叩き落としてから乾かすことで泥を浮かせるようにしましょう。乾かした後はスティックのりを塗り、数分間放置して普通に洗濯。うまくいけば、下の動画のように泥汚れが消えます。

スティックのり以外の方法もあり、スクラブ洗顔料を使う方法もあります。これも「コレ天」の動画があったので、そちらを参考にしてください。

血汚れを自力で落とす方法

血液の汚れはしつこいようで意外と落ちやすいです。

酸素系漂白剤を濃い目に水と混ぜ、1~2時間つけ置きしてから普通に洗濯すればいいでしょう。

また、頑固な血汚れは大根おろしを包んだ布でたたいて落とすといいです。あらかたそれで落としてから酸素系漂白剤につけこむといいでしょう。

まとめ

  • 頑固な汚れも自力で落として節約
  • 頑固な油汚れはクレンジングオイルか重曹ペーストで
  • 頑固な水溶性の汚れは魔法水で
  • 頑固な泥汚れはスクラブ洗顔料で
  • 頑固な血汚れは大根おろしでたたいてから酸素系漂白剤で

-

Copyright© 節約始めます , 2019 All Rights Reserved.