キッチンばさみを活用して時短&節約!

投稿日:

あなたはキッチンばさみをどんなときに使ってますか?

食品の包装袋を切るときくらいにしか使ってないなんて人も少なくないですよね。ハサミというと文房具のイメージが強く、それで食材を切るのをためらう気持ちもわかります。

でも、キッチンばさみを使えば、包丁のお供であるまな板を使う必要がなく、水道代が節約になるんです。まな板のにおいがなかなか落ちなくて長い間洗ってしまうなんてこともありますが、それを回避できるのは大きいと思いませんか?

また、明太子や海苔などのちょっとしたものを切るときにも大活躍。ちょちょいと切ったらキッチンばさみを洗うだけです。包丁とまな板を洗い終わった後に気づいて用意すること自体をやめちゃうなんてこともなくなります。

では、まずはキッチンばさみを選ぶところから考えていきましょう。

自分にあったキッチンばさみ選び

キッチンばさみは大きいものから小さいもの、高いものから安いもの、ステンレス製やセラミック製、刃がストレートなものとギザギザしているもの、グリップも持ちやすさ、分解できないものとできるものなど違いがあります。

例えば、薬味用やデコ弁用なら小さくて刃がストレート、切れ味はそこまで求めないのでセラミック、グリップは持ちやすいもので分解はどちらでもいいといった感じ。

もう一つ例を出すと、カニ用や魚の骨用なら大きくて刃がギザギザ、切れ味を求めるのでステンレス、グリップは持ちやすいもので分解は出来たほうがいいです。

そして、細かい作業をする用と大きい物や固いものを切る用の2種類持つのがベスト。

ちなみに、値段もピンキリです。100円ショップで買えるものもありますが、長く使うことを考えると1000円~5000円程度の物を買ったほうが良いでしょう。10000円以上するものもありますが、そこまで良いものにしなくて大丈夫です。2本をだいたい3000円~6000円くらいで揃えるとイメージしてください。

特に大きいものを切る用は切れ味が大事。グリップの持ちやすさに関しても力を入れるので細かい作業用よりもよりすぐりする必要があるでしょう。

では、キッチンばさみを選び終わったら切れる物を見ていきます。

キッチンばさみで切れるもの

キッチンばさみでは包丁で切るもののほとんどを切ることが出来ます。そして、まな板を使わずに直接切れるのが最大の利点。切り忘れたときにちょちょいと切れるのも便利です。

では、例えばどんな物を切るときに便利なのか考えていきましょう。

野菜編

豆苗やかいわれ大根の根本を切るときに活躍します。包丁をわざわざ出すのは面倒ですが、キッチンばさみならサクサクっと切れて便利ですよ。

また、まな板に色移りしてしまう系の野菜を切るときやニオイ移りが気になる野菜を切るときにも活躍。例えば、ニンジンやにんにくを切るときですね。

他にも、お味噌汁に具材を入れ忘れたときやちょっと足したいときなどや薬味を用意したいときにもすぐに切れます。

使い始めてみるとなんでこんな便利な物を使わずにいたのか後悔するなんて人もいるかもしれません。

肉編

キッチンバサミなら皮付きの鶏肉をそのまま切れてしまいます。皮付きで唐揚げを作りたいときなんかに役立ちますよ。

もちろん、こま切れ肉などをちょっと切るときにも役立ち、まな板が汚れないのがありがたいです。しゃぶしゃぶ用のお肉がいざ食べようとしたときにちょっと大きいなんてときにも大活躍。

魚介類編

カニは包丁でも切れますが、はさみのほうが正確に切れますし、食べやすいように殻を切るのもやりやすいです。

また、柵で買ってきた魚をお刺身にしたり、ちらし寿司の具にしたりするときもまな板いらず。鍋のシーズンにまるまる入れるのは大きい魚を半分に切りたいなんてときにも役立ちます。

他にも、まな板が濡れていて海苔を切れないなんて場面でも活躍。

包装袋

この用途で使っている人も多い包装袋や梱包材を切るときに便利なのは周知の事実ですね。

包装袋に関しては使っている人の方が多いと思うので割愛。

まとめ

  • キッチンばさみはいろんな場面で活躍
  • 包装袋しか切らないなんて人もいますが、先入観は捨てましょう
  • ちょっと何かを切るときやまな板が汚れやすいものを切るときは特に役立ちます
  • 種類がたくさんあるのであなたがよく使う用途で自分に合うキッチンばさみを選んでください

-

Copyright© 節約始めます , 2019 All Rights Reserved.